屋久島×移住生活《決断》病気の改善や家族のことを考えて移住します

Pocket

『島暮らしで在宅ワーク』

どうもこんにちは!!自己紹介をしたいと思います。

株式会社はびあす茨木店のけんたっち31歳既婚者です。

趣味は工作と釣りと料理です。

さかのぼること約一年前のちょうどこの季節、

桜のつぼみが咲こうとしている頃に私の鹿児島県の屋久島へ引っ越しが決まりました。

 

『なぜ遠い離島に引越しすることになったのか』

きっかけは妻の田舎のご両親が屋久島に住んでいるお家のキッチンの水漏れの修繕が必要でした。

そこで家族会議がはじまり妻の兄が

「屋久島に住む覚悟ができるなら家を建て替えてもいい、その代わりに親の介護は任せた」

私と妻は大阪で住み続けるのか屋久島で暮らしていくのかを約半年間のあいだ悩み考えました。

病気の改善

インフラが整っている大阪よりも

自然環境が豊かな屋久島に移住することが

体調面で良い影響があることはイメージができました。

テレワーク

勤め先に退職の胸を伝えたところ、

「株式会社はび・あす」の山元さんから

「屋久島に移住してもテレワークで一緒に働くことができます。」

と心強いお言葉を頂きました。

周りの支援があったので安心して引越しすることが出来ました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です