社会復帰×障がい《実録》元お笑い芸人・精神の病気になった私が一般企業に就職するまで

Pocket

はび・あす山元
はび・あす山元
さあささん♪(ペンネーム)
一般企業への就職内定おめでとうございます!
いよいよ目標のスタート地点ですね。

NSC29期生・お笑い芸人をしていました

私は、平成29年9月から「はび・あす」で働かせてもらっています。

20歳の時に定時制の高校を卒業し、吉本総合芸能学院(NSC)に入学しました。

渡辺直美・ジャングルポケット・見取り図などが同期です。

私は全然売れていなくて、舞台に立つための電車賃や場所代など

お金を払って活動していて、家は母子家庭で裕福ではなかったため

バイトをいくつも掛け持ちしていました。

インディーズライブが月に数本とフリーランスの先輩に呼んでもらう営業など

急に予定が入ることも多く、バイトもちゃんと出来ていなかったと思います。

そして徹夜でネタを書いたり、コントの練習などをしていました。

ランキングライブの順位で悩んだり、R-1も一回戦敗退ばかり

精神状態も、あまり良くありませんでした。




発病

27歳くらいの時 精神の病気になってしまいました。

幻聴・体感幻覚などで、とてもひどい状態でした。

そして、スーパーのお惣菜コーナーとデイサービスのバイトをしていた時

かなり調子が悪くなり保護入院しました。

希死念慮も強く、もう働けない。

生活保護を受けて 死ぬまでひっそりと暮らす。と思いました。

ケースワーカーさんに相談して、生活保護は受けれませんでしたが

障がい年金の事を教えてもらい、

必要な書類を書くのにアドバイスを受けたりして年金を貰える事になりました。

医師から就労不可と言われていましたが、おかげで何とか 立て直す事ができました。

気力の回復

また働きたいと思えるようになりました。

それから、病院のデイケアに通う事になりました。

デイケアに通っているうちに、「また働ける!」と思うようになり

半年通って ハローワークに行き「はび・あす」を見つけました。

始めは、ちゃんとやっていけるか心配でしたが

すぐに楽しく働けるようになりました。

雨の日と朝に弱く、欠席・遅刻・早退する事もありましたが

見守ってもらえて、自分なりの目標を持って行かせてもらえました。

ペットの猫が亡くなった時なども、プライベートの事ですが・・・

優しくしてもらえて慰めて頂き気持ちがとても助かりました。

働く動機

人の役に立つ仕事がしたいと思うようになりました。

「はび・あす」で働くうちに

一般企業の就職では人の役に立つ仕事がしたいと思うようになりました。

放課後等デイサービスで働きたくて介護職員初任者研修の資格をとりに行きました。

この時も応援してもらい、なんとか合格しました。

放課後等デイサービスは残念ながら縁がなかったのですが

2021年6月からグループホームで働かせてもらう事になりました。

頑張りたいです。

目標

もし務まらなくてダメになったら

ここに帰ってこれる…と甘えてしまいそうになる部分もあるのですが

なんとか3年働いて、実務者研修・介護福祉士の資格も取り

なんらかの理由で職場を辞めても

どこか違う介護施設で定年まで介護の道を進めたらいいなと思っています。

ここまで目標を持てて

前向きになれたのも関わってくれた方々のおかげです。

A型作業所で働きたい!と思った時に

「はび・あす」を見つける事ができて本当に良かったです。

一般企業に就職してもまたお話できるといいなと思います。

たくさん 色んな事がありました。ありがとうございました。

 

ペンネーム:さあさ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です