《実録》屋久島リモート在宅・大阪オフィスに出勤して気付いた過去の自分とのギャップ

Pocket

けんたっち
けんたっち
お世話になっている。
大阪府茨木市の「はび・あす」に
ご挨拶に行ってきました!
はび・あす山元
はび・あす山元
いつも一生懸命にお仕事されています。
屋久島の生活や将来について
たくさんお話できて楽しかったです!

『屋久島生活とのギャップから自分を客観的にみることができるようになりました。』




はび・あす山元
はび・あす山元
久々の大阪はどのように感じましたか?

長距離の移動で疲れているとは思いますが

「はび・あす」に出勤して頂いて

今後の在宅ワークでの作業についてなど打ち合わせさせて頂きました。

けんたっち
けんたっち
ものすごい真夏の猛暑
屋久島ではなかなか聴こえないクマゼミの鳴き声
電車に乗って会社に行く感覚
半年ぶりの大阪を実感しました。
はび・あす山元
はび・あす山元
その後どのように過ごされたのですか?

「はび・あす」での就労訓練で

一般企業就職を目指す皆さんとも情報交換されていました。

けんたっち
けんたっち
まずは実家に帰って
母と妹とゆっくり過ごしました。

僕は病状が重い頃は実家で10年引きこもっていました。

その頃を思い出して懐かしくて心に染みました。

はび・あす山元
はび・あす山元
よくここまで積み上げてこられましたね。
外に出て社会参加ができるようになった
『きっかけ』のようなものがあったのですか?

引きこもってしまう理由は人それぞれですが

外にでれた『きっかけ』を知ることで参考になる方も多いと思います。

屋久島の海

『フットサルとの出合いから引きこもりを抜け出せました』

けんたっち
けんたっち
通っていた病院でフットサルに誘われたことが
『きっかけ』になりました。
マンチェスターユナイテッドのジャージを偶然着ていたという理由で誘われました・・・(笑)

フットサルを初めて積極的に外との繋がりを持てるようになりました。

・デイケアで同じように病気悩む方と出会い
・フットサルで仲間と協力
・就労支援事業所に通って就労訓練
・グループホームに入所して生活面の立て直し
・訓練校で就労知識を学び

フットサルで出会った妻と結婚

その後「はび・あす」で働きながら屋久島に移住しました。

振り返ると全部大切ですが
あの時ジャージを着ていなかったら・・・

はび・あす山元
はび・あす山元
闘病や10年の引きこもりを経て
結婚して屋久島に移住されたわけですね。
ご家族の喜ぶ顔が目に浮かびます!

珊瑚

『過去を振り返って成長したと感じられるようになりました。』

けんたっち
けんたっち
実家に帰ると過去のことを思い出します。

オカンのカリッと揚がってない鶏の唐揚げ
オカンの唐揚げ

徳島県出身で田舎弁混じりの関西弁を話すユニークなオカン

オカン

けんたっち
けんたっち
大阪府茨木の

実家でお昼ご飯を食べて
久々に母と妹とゆっくりと過ごすことができました。

日常を楽しむ余裕があることからこそ
お仕事でも頑張れるということですね♪
はび・あす山元
はび・あす山元

屋久島の海

『今では「はび・あす」の離島支援プロジェクトあっての島暮らし!

家族や自分の体調のことを最優先に考えて屋久島への移住を決めました。

しかし離島では大阪のように就労支援プログラムを実施できるところが見つかりませんでした。

「はび・あす」の在宅ワークでの就労訓練&離島での暮らしの長所を活かすことでコツコツと成長できていると感じています。

開始当初はリモートでの作業報告・相談が上手くできないなど難しさを感じることも多々ありました。

ですが作業終了時に指定された写真をメールで報告・わからないことはテレビ電話で相談することができます。

今では不便を感じることなく作業に取り組むことができています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です