屋久島生活・釣り人便利グッズ・ボビンホルダーを作成しました

Pocket

おはようございます!けんたっちです。

今回は釣り具を自作する時にあると便利な

ボビンホルダーを作成していきます。

ボビンホルダーとは

・小さな針に糸を巻き付けたり

・フライフィッシングの毛針をつくり

・サビキ針の自作

・釣り竿をつくり

これらの場面で糸を巻き

部品を固定する時に活躍します。

ボビンホルダーを使って固定することを

タイイングと言います




■材料

・ステンレス製のワイヤー長さ250mm幅1mm、1本

ホームセンターなどで手に入ります

・ロリポップステック80mm1本

ボールペンの芯でも代用可能

・8mmのビーズ2個

・熱収縮チューブ

・ホビン糸

・瞬間接着材

ハケ付きのものが使いやすい

■作成手順

まず初めにステンレスワイヤーを真ん中の所をペンチで曲げます。

5mm位の幅をあけておいて先端を少し反らします。

次にロリポップステックの両端をライターで少し炙ります。

これをすると糸が巻き付けやすくなります。

ステンレスワイヤーにロリポップステックを挟み込み

糸を巻き付けていきます。

最初はボビンホルダーが無いので巻き付けにくいですが…

巻いたところに瞬間接着剤を塗ります。

5分~10分程乾かします。

乾いたのを確認したら、熱収縮チューブを入れて

ライターで炙フィットさせます。

次に反対側両方をペンチで揃えて

4mmぐらいで直角に曲げます。

そこにビーズがちょうど入るぐらいに糸を巻き付けます。

瞬間接着剤をぬり素早くビーズを取り付けます。

残った糸は切ります。

ホビンが入るようにステンレスワイヤーを曲げれば完成です。

ホビンが入るようにステンレスワイヤーを曲げれば完成です。

実際の使用方法なども発信していけると嬉しいです。

はび・あすネットショップ「habihabi」

・オリジナルボビンホルダー

お買い求めいただけます。

☆予備や作業の同時進行に便利な2個セット☆
ハンドメイドのボビンホルダー
釣具を作成するのに便利なボビンホルダー
釣竿のメンテナンス、初めてサビキを自作したり、アシストフックの作成、毛針を作るのにいかがでしょうか。

※色の指定はできませんので予めご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です