屋久島×移住生活《美味》たんかん農園のお手伝い

Pocket

『たんかん農園』

おはようございます!けんたっちです。

本日の屋久島の天気は曇り一時雨です。

皆さん一度はみかんを食べたことがありますか?!

さて、今回は私の妻の両親が経営している。

たんかん農園を紹介したいと思います。

妻のお兄さんがドローンで撮った空撮です。




たんかんとは?

そもそも皆さんはたんかんという柑橘類をご存知でしょうか?

ポンカンとネーブルオレンジをあわせたのが、たんかんになります。

私が食べた味の感想はオレンジより酸味が少なく、

ジューシーで癖もなくとても濃厚な果物です。

一湊の町から近くにある山の畑です。

このたんかん畑は妻の祖父母が生前、

祖母が祖父に一緒に傍にいて働きたいというおもいから、

この畑は出来ました。

そして妻の両親が、そのおもいを大切にして

このたんかん畑のあとを継いで現在に至ります。

 

私も手伝いに行く機会があり、刈った敷草をトラックに入れ

それをたんかんの木の下の周りに敷くのをお手伝いしてきました。

敷草を敷くと畑の土が柔らかくなるそうです。

詳しい理由は分かりませんが、

昔の人の知恵が生きているんだなぁと気づかされました。

 

移住してすぐにたんかんの収穫の手伝いに行きました。

作業はとても楽しくて脚立に乗りながら、

一つ一つ丁寧に剪定ばさみで切り落としキャリーボックスに入れていきました。

いっぱいになった箱の中のたんかんはめっちゃ重たかったです(笑)

私に良い経験をいつもさせてもらい、妻の両親には感謝です。

これはこのたんかん畑で採れた絹さやです。

お鍋に入れてとても美味しかったです。

ほかの野菜やお花もまた紹介したいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です