屋久島×移住生活《感動》ひまわり畑でボランティア活動

Pocket

『ひまわり畑』

おはようございます。けんたっちです。

こちらの天気朝は涼しくて清々しい晴天です。

皆さんは夏に咲く花といえば何を思いつくでしょうか…?

私は真っ先にひまわりを思い浮かべます。

これは私が昔に描いた絵です。




人を思う気持ち

昨日私はひまわりの種まきをする機会があり、参加させて頂きました。

妻の両親が所持している土地にに道路に面した場所があります。

そこを貸してくれないか?

と親戚の方が言ったことが事の始まりでした。

妻の母は「何に使うの?」と聞きました。

親戚の方は「そこで屋久島ヤギをその土地で育てたい。」

妻の母は

「あの土地は道沿いにあるから、通りがかった人達がお花を観れるように

いつか元気になった時にお花畑にしたいって思っていたの」

すると後日、親戚の人達の提案で土地の持ち主の希望に添えて

今年の夏には向日葵を植えて

その次に秋桜を植えましょう。との意見が出たそうです。

 

 

種まき

そして4月25日に親戚とその同級生や有志が集まり

耕した畑に向日葵の種を植えることが出来ました。

 

私は種まきをするのは初めての経験だったせいか、

中腰で4列種まきをしただけで足と腰が悲鳴をあげていました(笑)

私たち家族が帰った後も主催して頂いた方達は夜の19時ぐらいまで作業をしていて、

クーラーボックスを家に返しに来た時に水撒きが大変でした(笑)

とおっしゃっていました。

妻の両親はその際に「お疲れ様です。ありがとうございました。」

親戚の方からは

「この畑を貸してくれなかったら始まらなかったところです。

こちらこそありがとうございました。」

このような体験ができてとても勉強になったことがあります。

人と人との繋がり、物事のきっかけ、

とてつもなく重要で大きな力に繋がるんだと気づかされました。

まずは小さな事からでも発信を続けたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です